三沢高原野菜

愛知県豊根村で作られる三沢高原野菜の美味しさの魅力とは?!

皆さんは、愛知県豊根村で作られている三沢高原野菜を知っていますか?三沢高原野菜は、高原野菜なので野菜の旨味が強く栄養価が高いのが特徴です。ここでは、三沢高原野菜の美味しさの魅力についてお届けします。

三沢高原野菜とは?

三沢高原野菜とは、愛知県の豊根村で栽培されている野菜です。また、三沢高原野菜は何と80代や90代の高齢者によって作られており、野菜の美味しさを沢山の人に広める事と地域活性化になればと言う思いで、栽培に取り組んで誕生した野菜です。野菜の見栄えは良くない物もありますが、素材の美味しさには定評があり、多くのレストランで三沢高原野菜は使用されています。また、高原野菜と言う名が付くだけあり、標高700~900mの場所で野菜は栽培されています。高原地帯ならではの寒暖の差がある環境で育った三沢高原野菜は、素材の美味しさが際立っており、濃厚な味わいと甘みを感じられる野菜に仕上がっています。

三沢高原野菜三沢高原野菜のお買い求めはこちらから

三沢高原野菜の特徴とは?

色味が濃厚で色鮮やか

三沢高原野菜

野菜の色がくすんでいたり、少し黒くなっていたりする物と言うのは、古く傷んでいる可能性があります。三沢高原野菜は、見かけこそ良くない物もありますが、健康的な野菜なので野菜の色味がしっかりしており、濃厚な色の野菜になっています。葉物野菜であれば、葉部分の緑が濃く、また、トマトなども赤味がはっきり出ており、これは、美味しい野菜である証拠です。

葉にハリがある

三沢高原野菜

私達人間のお肌と同様に、野菜にも健康状態と言うものがあります。野菜が良好な健康状態の場合、野菜の葉や身などにハリがあります。三沢高原野菜の葉野菜は、まさに良好な健康状態で、葉部分を触るとハリと肉厚感を感じる事ができます。

表面皮に光沢や艶がある

三沢高原野菜

三沢高原野菜は、日光やライトで照らすと光沢や艶が表面皮に出ます。これは、野菜として美味しい証拠です。また、野菜を触ってみると分かりますが、押し返すような中身がパンパンに詰まった手応えも感じる事ができます。元気が無い野菜は、くすんだ色をしていたり、表面皮にシワがあったりします。これは、野菜の中身が縮んで古くなってきている証なので、三沢高原野菜の美味しさを実感する事ができます。

切り口が瑞々しい

三沢高原野菜

中々野菜の切り口を確認する事は難しいですが、三沢高原野菜は瑞々しく新鮮です。切り口が瑞々しいと言う事は、野菜がしっかり呼吸している証拠です。三沢高原野菜は採れたて、すぐ袋詰された鮮度の良い野菜なので、カットしていなくても袋に水滴が付いている場合もあります。

身がふっくらしていて、芽が出ていない

三沢高原野菜

三沢高原野菜は食べ頃の野菜をベストな時期に販売しています。食べ頃の野菜なので、野菜が肉厚で身がふっくらしている特徴があります。なので、野菜に少し触れてみると、しっかりした身の詰まりを感じられます。また、じゃがいもやにんじんなど芽のある根菜も、芽が出ておらず新鮮な美味しさを楽しめます。

三沢高原野菜の人気の秘密とは?

野菜の味がしっかりしている

三沢高原野菜は、ほぼ無農薬で育てられた野菜となっています。農薬や肥料の助けを最小限に抑えて作られた野菜なので、自力で成長する力が備わり、養分を蓄える力が働くため、味に深みがあります。なので、例えばトマト栽培では、水を最小限に抑えた栽培で、水分を得る為に力強く根を伸ばして成長するので、トマトの甘みが強く味も濃厚になります。このように、野菜の特性をいかして育てられているので、最小限の農薬でもきちんと成長し、しっかりとした味わいの野菜に仕上がります。味がしっかりしている三沢高原野菜は、見た目の色味が濃い特徴があります。

三沢高原野菜
安心安全で信頼できる

三沢高原野菜は、安全面においても消費者からの信頼を得ている野菜です。前途でもお伝えしているように、ほぼ無農薬で栽培されている野菜の為、健康への害も少なく、安心して食べる事のできる野菜となっています。通常栽培の野菜に比べて農薬や肥料量は大幅に減少しているので、安全面でも安心できる野菜です。他にも、三沢高原野菜の直売所を始め、レストランに至るまで、生産者の顔がわかるのも信頼できるポイントになっています。
生産者の顔が見える野菜なので、消費者にも安心安全で購入してもらう事ができます。現代では特に安全な野菜に対する関心は高まっているので、そのような意味でも三沢高原野菜は安心できます。また、子供は野菜の苦みやエグミなどを強く感じやすい為、野菜嫌いな子もいますが、高原野菜の三沢野菜は旨みや甘みが強い野菜なので、野菜が苦手な子供でも食べられる物が多いです。

野菜の栄養価が高く、味が美味しい
三沢高原野菜

三沢高原野菜は、高原野菜かつ無農薬に近い栽培を行っており、野菜の栄養価や旨味が高くなっています。口に入れるものなので健康に顧慮するのであれば、やはり、あまり農薬を使用していない野菜を食べたいですよね。農薬は一度使用してしまうと、直ぐには無くならないので土地に残ります。その上で新たな農薬を使用する事でまた一段と農薬濃度が濃くなるため、そのような土地で育てられた野菜は健康被害が心配になりますよね。
しかし、ほぼ無農薬で育てられた三沢高原野菜は、野菜の栄養価が高く美味しいと評判があります。どうして栄養価が高い野菜であるかと言うと、無農薬の土の中と言うのは実は微生物が沢山います。野菜栽培では、野菜は土の中に居る微生物から栄養を取っています。なので、沢山の微生物がいるとカルシウム、マグネシウム、マンガン、鉄、亜鉛、銅など、豊富なミネラルを野菜は摂取する事ができる為、野菜としての栄養価が高くなるのです。こうして豊富なミネラル摂取で、三沢高原野菜は旨味や甘味がしっかりと付いた野菜になっています。

三沢高原野菜の特産品とは?

ブルーベリー

三沢高原野菜

実は、ブルーベリー栽培は愛知県が初めてだと言う事を知っていましたか?現在では、ブルーベリー畑の半分は三原高原にあり、三沢高原には10件程のブルーベリー摘み取り園があります。三原高原では、生ブルーベリーを販売していますが、実は、ブルーベリーと言うのは、冷凍でも栄養素や食物繊維が損な荒れる事無く栄養が凝縮されて低カロリーとして、三原高原産の生ブルーベリーは人気食品となっています。現代人の平均的な食事では十分な食物繊維摂取ができない為、通常の食事に生ブルーベリーは簡単に取り入れられ、不足している食物繊維摂取におススメです。生ブルーベリーに含まれる食物繊維は、消化機能をサポートする他、慢性的疾患の予防効果にも最適です。

ミニトマト

三沢高原野菜

三沢高原野菜のミニトマトは、路地栽培されたトマトになっています。路地栽培の特徴は、野外の畑でビニールなどの保護材を一切使用せずに、自然環境で作物を育てる事です。栽培方法はとてもシンプルで、人工的管理をしない分、自然なトマトの生育を促して作られています。こうして栽培された三沢高原野菜のトマトは、甘みがある事が最大の特徴です。
つまり、トマト本来の味を引き出しており、素材の旨味をダイレクトに提供しています。また、自然の恵みを受けたミニトマトは、栄養価も高く美味しい味わいを楽しめます。

原木しいたけ

三沢高原野菜

原木しいたけとは、自然栽培されたしいたけの事で、自然環境の中でしいたけ菌を打ち込んだ原木に生えます。三沢高原は、風通しが良くて涼しく、適度な湿度が保たれている事も好条件の栽培環境となっています。原木しいたけこそ本物のしいたけと言われており、三大旨味成分の一つであるグアニル酸が豊富に含まれています。なので、原木しいたけで取る出汁は、良い出汁が出る事はもちろん栄養の豊富さにも定評があります。